一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



 薄さと、美しいデザイン。
 見た目にも繊細でつけた腕をきれいに見せてしまうSKAGEN(スカーゲン)という
 スウェーデンのブランドの腕時計。薄さ6世箸いο啝計の常識をがらっ と変えてしまうような驚きの薄さです。試着すると想像より軽い。
 何がいいって、すべてを黒でまとめたボディです。シックで繊細な感じが
 たまらない。最近ごつい腕時計がたくさん出ている中こんなに薄くて繊細 な、ちょっと大人っぽいデザインの腕時計はいかがですか?


                            *hisarhythm@*
続きを読む >>



今となってはさまざまなデザインを発表してきたVW社。
しかし、その歴史は長く、そもそもの始まりは戦前のドイツ、あの有名なフェルディナント・ポルシェが当時のドイツ政府に国民車の開発を依頼されたのが事の始まりだったのだ。その当時開発の条件が5つ。

 1,時速100km/h
 2,100kmあたりのガソリンが7ℓ以下
 3,4〜5人乗り
 4,空冷エンジン5,価格1000マルク以下

他の自動車メーカーでは実現不可能な条件下での開発を実現し、さらに加えて、高い性能、メンテナンス性を考慮し、当時一般化されていなかったリヤエンジンの後輪駆動というレイアウト、広い室内speace、車重の軽量も実現させる。しかし、世界は第二次大戦。国民車開発が、たちまち軍用車へと、設計を変更させられてしまう上に後にポルシェは戦犯扱いにまでされてしまうのだった。



戦後のVWを救ったのはイギリスのアイヴァン・ハースト少佐。戦後敗戦したドイツの国々の財政を立て直すために貢献した人物だが、彼はポルシェの建てたVWの組織に注目し、ディーラーネットワークのクォリティの高さ、一番の売りのアフターサービス網の強さが群抜きであると判断し、VW再建の柱となった。その後のVWの育ての親はハインリッヒ・ノルトホフ。彼は、戦前BMVや、オペルの会社を手がけていた手腕の持ち主で、その後のVWを育てていった人間。

 こうして見てみると、VWはさまざまなひとの手によって、さまざまな方法で、語り、受け継がれている歴史ある、信頼ある会社。たくさんの人の手がかかったからこそ今の、すばらしいデザインと、何よりも信頼性のある車に乗れる私たちがいるのではないでしょうか。

@hisarhythm*@


東京にもこんな素敵な海がありました。仕事関係で訪れた神津島は人口2000人の小さな諸島で、とても温かい人々が迎えてくれました。この頃の僕は結構落ち込んでいたんだけど、この島に来て何か小さな勇気を与えてもらえた感じです☆今度も行く機会があったら、あの島民の皆さんに感謝したいと思います(照)是非、皆さんも精神的に問題を抱えていたら、一度行ってみてください。ヒロカズ・ナカザワ

DVC00062.JPG
この前中華街行ってきました。綺麗だったので撮っちゃいました!エビチリ2100円でした。ちょこっと高いッス(T-T)
あつひろ


中学の遠足依頼の鎌倉の大仏に行ってきました〜車
20円払えば中に入る事ができます。びっくり
                        
ハナザト

040912_2217~01.jpg
秋だ〜サンマだ〜めちゃウマだ〜!!築地で働く親友からもらいました☆見てビックリ、食べてもビックリ(・o・)デカイ(手のひら2つ分)!!プリップリッ!!腹わたも全然苦くなく、ペロッとたべちゃいました。あと旬な食べ物と言えばナシ!クリ!みなさんも、旬を楽しんで下さいね(^_^)
ナナセ

東電.jpg
電々公社、国鉄に続き“最後の独占企業”である電力業界にも民営化の波が押し寄せ
ている!!!会社の体質改善に全力を上げる東京電力のドキュメント本!!これを読んで
わが社の実状を知って下さい!!
なかざわ

040903_1537~03.jpg
友達のお誕生日祝に買っちゃいました☆目、鼻、口、頭、どこを見てもカワイイо(>_<)о吉祥寺のポストカード屋さんで買いました。
Billboard
ナナセ

040828-193830.jpg
沖縄の首里城で購入した未開封のコカコーラさー
何故か量が少ないさー びっくりしたさー
なかざわ

040828_005932.jpg
木彫りのぶたちゃんです。親が神戸に旅行に行ったときのお土産です。かわいいので気に入ってます。何だかお金が貯まるぶたちゃんらしいです…。ほんとか!?
あ、ちなみに私あつひろは金子敦寛と言いまして、ともくん(ともつぐくん)のいとこでございます!今はお互い仕事で忙しい毎日ですが、ケッコー前に二人で自転車で長野まで旅したんですよ!かなり大変な旅でした。。。リュック背負って、テントや寝袋、鍋や携帯フライパンなどなどたくさん荷物持っていきました。本当に大変でしたよっ!!でも一生の思い出です。みなさんも自転車でどこか旅してみたらいかがでしょうか?きっといい思い出になりますよ。

敦寛


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SPONSORED LINKS

おすすめ☆

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM